仕事始めの「院長挨拶」2009.1.5

新年あけましておめでとうございます。昨年は、病院祭、柳田邦男先生の講演会を始め、さまざまな50周年イベントが行われ、成功のうちに終えることができました。ご苦労様でした。大変だったと思いますが、地域に当院の存在をアピールでき、また私たちも各事業を行う過程で多くの学び、成長があり、私たちの財産となった年でした。

さて、今年の外部向けの行事は3月7日に国立精神保健研究所の伊藤順一郎先生を迎えての「やすらぎセミナー」からスタートします。精神疾患に対する理解を深めて頂き、さらに精神科の偏見が減ることを期待しています。また今年は次の100周年に向けての折り返しの年となります。先の管理職レポートは非管理職の方、3名を含めて大変優れた内容のものが多く、私自身大変刺激されました。

ただ一方で昨年11月よりベッド利用率がここ数年にない形で低下しています。その原因として、長期入院者の退院促進、訪問看護、外来診療の充実などによる再入院者減少、不況下で医療費支払い困難者の増加などの要素が複合的に影響していると考えられます。さらに、今後はいい意味での病院間の切磋琢磨が激しくなるので、今年は大きな転換、試練の年となるだろうと、危機感をもっています。

今年の一番緊急の重要課題として職員教育システムの再構築を考えています。ここ2年ほど前から目標に掲げ、総師長に先進的な精神科医療を行っている病院に昨年、研修に行ってもらいました。次は次長を予定していますが、当院にあった良いシステムを提示できればと願っています。私たちは全員、治療チームの一員ですが、専門職以外のスタッフ教育、中途採用者の教育が抜け落ちていましたので、必要なプロジェクトチームを立ち上げます。またクレーム等の問題を指摘されている接遇面でも、専門講師を呼び、講義やロールプレイを行い、「接遇の改善」を目指します。

次に大事な課題として、外来部門のサービス、満足度向上のための対策です。午後の外来診察の拡大などの検討し、数年後を目安に外来棟の増築または新築を目指したいと考えています。

3つ目に当院における高齢者医療の充実です。認知症病棟退院後の場としてデイケア以外の施設の必要性についても検討するとともに、将来に向けて死の医学、ターミナルケアの研究を進めたいと思います。

4つ目に病院年報を作成したいと思います。50周年記念誌と同様に 千曲荘病院の活動の歴史を残すことが、100周年に向けての基礎つくりになると信じます。

最後になりますが、激動、激変が予想される中で、私は今年1年を新たな気持ちで、次世代の育成、継承をも念頭に経営努力して行きますので、皆さんもそれぞれの立場で新たな気持ちで出発することを、お願いして、院長の新年のあいさつといたします。

viewimg

< 一覧に戻る >

初めての方へ

診療案内

午前
受付時間 7:30~11:00 診療時間 8:30~12:00
午後
受付時間 13:00~15:00 診療時間 14:00~16:00
休診日/日曜・祝日 火曜午後・水曜午後・土曜午後
詳しく見る

面会・お見舞い

9:00~11:00 13:00~16:00

お問い合わせ先

お問い合わせはお気軽に!TEL: (0268)22-6611 〒386-8584 長野県上田市中央東4番61号
  • 求人情報