千曲荘病院ではもの忘れ専門の外来を開設しております。もの忘れは認知症の最も基本的な症状の一つで、ご本人よりもご家族や周囲の人が気づくことがあります。「もしかして?」「いつもと違うかも」という小さな気づきが、早期発見の手がかりとなります。

セルフチェック ~こんな症状でお困りの方~

  • 同じことを何度も言ったり、聞いたりする
  • 財布や通帳など、片づけた場所が思い出せない
  • 大切なものを人に盗まれたと疑う
  • 料理や片づけができなくなった・怒りやすくなった等、以前と様子が違う
  • 歩きなれた道でも迷うことがある
  • 車の運転が心配、免許の返納すべきか迷う

まずはお気軽に、認知症疾患医療センターへご相談ください。
その方のもの忘れが自然な老化によるものか、病的なものなのかを鑑別診断・ご説明し、ご本人ご家族と一緒に治療方針を検討します。診察は完全予約制となっておりますので、まずはお電話ください。

受診の流れ

本人・ご家族等からのご相談
かかりつけ医からのご紹介
※診療情報提供書をご持参下さい
千曲荘病院 認知症疾患医療センター
☎0268-75-5262(直通)/☎0268-22-6611(代表)

【電話受付】月~金曜日 8:10~17:10(土日・祝日・盆・年末年始を除く)
【診  察】完全予約制 お電話でご予約を受け付けております。
専門のスタッフが対応いたしますので、安心してご相談ください。

診察・各種検査(鑑別診断)

専門医師の診察と各種検査(心理検査血液検査・頭部CT・心電図等)を行い、
鑑別診断を行います。

かかりつけ医へ
当院での診療
(外来通院や入院)
他医療機関
介護サービス紹介