美容室「クレ」西棟にオープンしました!

念願の美容室がオープンしました。プロの美容師にシャンプーしてもらって、その人に合った髪型にカットしてくれる美容室があったら、患者さんはきっと喜ぶだろうなあと願っていたところ、夢が叶いました!人は髪型で雰囲気が変わります。精神科病院の療養環境に、『美』という調和のエネルギーがあると、心が癒される効果があると思い、花と緑が目に入るよう、光が病室に差し込むように、工夫されて建築されているのが当院の特徴です。更に、美容師という美の専門家が患者さんの心に働きかけて、医療とコラボできたら相乗効果が起きるのではないかと期待しています。

友人を通して紹介された店長は養護学校や老人施設で自らボランテイアをされている方です。彼もまた、精神科の患者さんのお役にたちたいというピュアな気持ちの持ち主です。お店の名前は【relaxationsalon clef リレクゼーションサロンクレ】という名で、店長は【今までにない、美容室の形態から一歩前進した癒しの空間を提供したい】という志を持っておられます。自分たちの利益のみを考える美容室ではなく、患者さんの立場を理解しようと努力して下さる心ある店長に恵まれた縁に感謝したいと思います。本店は長野市にある「フレア」という名の美容室です。「クレ」がスタートして2か月目が過ぎようとしていますが、患者さんが喜んで下さり、入院生活に潤いが生まれつつあることを感じています。最近の満足度調査では「美容室が病院にあったことの驚きと、うれしさ」が書かれていました。Tさんは、退院間際に美容室クレできれいに髪を整えてられて、美しくなって退院されました。病院だから、病人らしくしているのではなく、おしゃれをして気分転換できたら幸せなことです。特に、女性にとっては心が軽やかになる瞬間だと思います。男性の患者さんの中には、ベリーショートでバシッと短時間で終わるケースあり、と様々ですが、何より有り難いのは、相手の要望に耳を傾け対応して下さることです。今年は職員と共に南棟の竣工、病棟・デイケアの引っ越し、電カル稼働、病院祭の大成功、西棟の改修そして、西棟への引っ越し、目まぐるしく動いた強烈な一年間でした。が、こうしたほっとする空間が出現したことは、私達職員にとっても、幸せな気持ちになります。かつての管理棟が西棟と名前を変え、西棟の空いた空間が有効利用され、実習生の研修室になったり、会議室になって、様々な方々が利用されるようになりました。多くの皆様のお力をお借りして、ささやかな願いが叶ったことを心から感謝しています。播かれた種がどんな大きな花を咲かせてくれるのか、期待しながら応援したいと思います。

 

mini_141126_1256mini_141126_1256mini_141126_1256mini_140419_1131

< 一覧に戻る >