社会復帰支援センター
Support Center

支援センターとは

当施設は、平成6年8月に県下で3番目に開設された精神障害者社会復帰施設です。
生活訓練施設と入所授産施設の複合型施設として精神障害者の社会復帰を応援してきました。平成13年4月に地域生活支援センターを併設して在宅の精神障害者支援にも取り組みを始めました。
平成18年に障害者自立支援法が施行されました。障害者自立支援法は、サービス提供主体を市町村に一元化して、障害の種類(身体障害、知的障害、精神障害)にかかわらず障害者の自立支援を目的とした共通の福祉サービスは共通の制度により提供することになりました。当施設も今までの社会復帰施設から多機能型事業所として生活訓練、宿泊型生活訓練、就労継続支援B型、短期入所の障害福祉サービスの提供施設に移行しました。
地域生活支援センターは、地域活動支援センターとして市町村の地域生活支援事業となりました。さらに相談支援事業所やすらぎを加え複合的サービスの提供をはかっているのが社会復帰支援センターです。

平成28年度の目標

障がいを持った方一人一人の希望する生活ができるように応援します。

私たちは、その人の健康な部分や得意なことストレングスに着目し、地域社会の中で新たな人生を獲得できるように、サービスを総合的に提供します。また、当事者自身のエンパワメントできるように支援をします。

当事業所は障害福祉サービス事業所として、相談支援、生活訓練、就労継続支援、共同生活援助を複合的に提供しています。

多機能型事業所 ピア・ちくま

宿泊型生活訓練

地域で生活するために必要な日常生活能力の向上を目標とし、利用者と相談しながら取り組みます。 地域での生活が出来るように応援します。

生活訓練

日中の過ごし方について一緒に考え、サービスを組み合わせ様々な活動を提供しています。

短期入所(1名)

就労支援B型

個別支援に基づき生産活動の機会を提供し、一般就労に向けた必要な知識や対人関係の技術の習得を目標としています。

千曲工房

作業内容は、主にお土産屋さんのお煎餅の箱詰めや、車やバイクの部品の加工をしています。その他、自主作業として、印刷製本・農作業を行っています。

※千曲工房では印刷・製本を承っております。
印刷・製本について(レイアウト等)のご相談にも対応しておりますので、お気軽にお問合せください。

Café ココロ

メンタルクリニック上田に併設している喫茶店です。おいしいコーヒーと軽食を提供しております。

共同生活援助(グループホーム)

地域の中で自立した生活ができるように応援致します。
現在、「みすずの家」「第2みすずの家」「のぞみ」「第2のぞみ」「第3のぞみ」の5つのグループホームがあります。
それぞれのかたが自分らしく暮らせるように支援しています。

地域活動支援センター やすらぎ

障がいを持ながら地域で生活する方の日常的な相談の対応や地域交流活動などを行うことにより、自立への支援と社会参加を目的として活動しています。
活動内容は生活相談・仲間作り・食事会・地域交流の場・家族教室他。

相談支援事業所 やすらぎ

障がいのある方々が地域で安心して生活できるように、相談・サービスを利用するにあたっての援助、専門機関との調整を行います。
また、相談支援専門員がサービス利用計画をご本人やご家族と相談して作成し、よりよいサービスの利用ができるようお手伝いします。

スタッフの1日

< 前のページに戻る >