2009仕事納め

2009年も静かに終わりそうでほっとしています。さすがにこの時間になると職員は帰ってしまい、当直体制に変わっています。今年は前理事長から理事長を受け継ぎ、トップの責任の重さを実感した年でした。発展は喜びでもあるのですが、同時に苦しみでもあり、器が発展に比例して大きくならないと、舵取りが難しくなるので、器作りは終わることのない課題だと思っています。来年は今年より厳しい年になるだろうと予測しているのですが、そんな中においても選ばれる病院になれるよう、職員と共に努力していきたいと思っています。今年も様々な人に支えられ、様々な出会いがありました。来年も新しい出会いがあり、新しい体験をして器を広げ、キラリと光る思い出を、職員と共につくっていきたいと思っています。HPもリニューアルしました。来年の千曲荘病院もよろしくお願いいたします。

2009仕事納め

< 一覧に戻る >