千曲荘病院豆知識4

問題 千曲荘病院内の敷地内に植えられている桜は、全部で何本?

病院の敷地内にはソメイヨシノだけでなくほかにも桜の種類が植えられています。
数えてみましょう。

当院にある桜の本数合計:31本
内訳:
ソメイヨシノ:29本(グランド:25本/外来:3本/第一病棟前:1本)
枝垂桜:1本(外来)
八重桜:1本(グランド)

皆さんもグランドに出て、数えてみてください。
これらの桜は、今年も私たちの目を楽しませ、患者様にも外へ誘う一助として活躍してくれました。この桜達、かつて理事長先生が植樹されたもので、このことは当院ホームページの「遠藤先生のブログ」でも紹介されています。桜のほかにもケヤキや松が大木に成長しています。そんな中、第二病棟の玄関前に一本の桑の木があります。これは、普通の桑の木とは異なり、華奢な幹から枝が下に向かって伸びる「しだれ桑」です(確かそんな名前だったような・・・)。かつて筆者が学生の頃、庭木の手入れをする際、いらない枝や木を切ることになりました。その時、この桑の木も切ってしまおうとしたのですが、師長から「この桑は院長(当時)が一番大事にしている木だから、切るなんてもってのほかだ!」と、言われ青くなったことがあります。(Tナースの思い出話から)

千曲荘病院豆知識4

< 一覧に戻る >