病院祭実行委員長の挨拶文

実行委員長の挨拶 第一回の病院祭を手がけさせていただいたことに、深く感謝いたします。さらに、実行委員からの無理難題に理解・協力し、取り組んでいただいた実行委員・各係長・各係員・アトラクション担当者・ボランティア様などなど病院祭を作り上げてくださった皆様、ご支援・ご来場くださった皆様に重ねて御礼申し上げます。この機会に獲得した自信と失敗はこれからの千曲荘にとって、最高のお宝といえます。独り占めにはせず、是非分かち合い、後進に伝えるという努力をしてください。何かに取り組むとき、常に不安が付きまといます。でも、不安を不安で確認しているうちは何の解決も出来ず、さらには破綻への道が待っていることでしょう。そんなときはみんなで話し合い、だめでもいいからやってみてください。きっと、道は開けます。実際にやった本人が言うのだから、間違いありません。最後に、「千曲荘あいうえお作文」で、締めさせていただきます。

【ち】挑戦し続け
【く】工夫と創意で
【ま】負けずに協力いたしましょう
【そ】相談しながら
【う】うまくやれ

ありがとうございました。

副会長、実行委員、係長をはじめすべての職員の皆様、本当に本当にごくろうさまでした。
皆さんハードな仕事量をこなしながらも、輝いていました!
【ち】【く】【ま】【そ】【う】言葉が私たちの病院のカルチャーとして定着することを願っています!

 

病院祭の風景
病院祭の風景

< 一覧に戻る >