医局
Medical Office

医局のご紹介


s_5F5

医局には
精神科医師19名(常勤10名、非常勤9名)、
内科医師1名(非常勤1名)が在籍しています。
出身大学も経験も多様な医師が集まっており、自由に話ができるバランスが取れた医局です。

定期的に症例検討会を行い、学会や講演など研修会にも積極的に参加し研鑽に努めています。
当院における通常の診療のみならず、各種講演や相談事業、診療支援にも精力的に活動しております。
臨床研修医や精神保健指定医等の教育研修も行っております。
当院で診療に携わっている医師は、
遠藤謙二(理事長・院長)、安藤直也(副院長・診療部長)、武重宏呂修(医局長)、上平忠一、宮下厚、牛島亨和、櫻井剛志、古澤武彦、岡田知徳、岡田文美子が中心となり、それぞれの役割を責任を持って担っております。

「診療の受け型10か条」 (ささえあい医療人権センターCOMLより紹介)


  1. 自己紹介 フルネームで
  2. 医師の氏名・専門を確認
  3. 症状や尋ねたいことはあらかじめメモをしておく
  4. 医師の説明で分からない点は何度でも聞く
  5. 説明の大事な点はメモを
  6. 出された薬の確認。氏名、クスリの名前、飲み方、効果、副作用など
  7. 重大な説明の時は別途時間を、そして誰かに同席してもらう
  8. 不安な時はセカンドオピニオンへの協力を求める
  9. 自分の家族事情、仕事、生き方、死生観、リビングウィルを伝える
  10. 医療にも限界があるのを知る

医局の一日