デイケアⅡ「なごみ」

重度認知症デイケア「なごみ」のご紹介

『なごみ』は、重度認知症患者対応のデイケアです。介護保険に依るデイサービスと違い、医療保険にて適切な医学的管理のもとに運営されています。また、専門スタッフが配置されており、個別活動や集団活動を通して、利用者さん一人ひとりに合ったリハビリテーションを行ない、その方らしく過ごして頂けるよう心掛けております。目的を以下のように掲げ、より良い在宅での暮らしを目指していきます。

  1. 健康維持増進
  2. 認知症症状の進行防止
  3. 身体機能の維持改善
  4. 家族介護者の身体的精神的負担の軽減
  5. 精神症状や問題行動の軽減
  6. 日常生活能力の維持改善

裁縫:こいのぼり
裁縫:こいのぼり

なごみ内
なごみ内

専任スタッフ

精神科医師1名 看護師2名 作業療法士2名
精神保健福祉士1名 ケアワーカー2名

一日のスケジュール

時間 内容
8:30 ~ 受付、健康チェック(血圧・体温測定)朝の集い、お茶の時間
9:30 ~ 個別活動
・塗り絵・縫い物・習字・カレンダー作り・卓球・壁飾り・囲碁・将棋
・おやつ作り・散歩など、工夫を凝らし皆様に楽しんで頂いています
11:00 ~ 軽体操
11:20 ~ 昼食、休息、趣味の時間(各自に合わせた食事と休息)
13:30 ~ 集団活動(レクリエーション、ゲーム、歌、年間行事など)
14:30 ~ お茶の時間、1日の振り返りと帰りの集い
15:00 ~ 帰宅 ※ご希望により送迎も可能ですので、ご相談下さい。

主任あいさつ

なごみの利用者さんは大多数が当院に定期的に受診されていらっしゃいます。主治医の指示の元、連携をとり、個々の利用者さんに合った治療・リハビリを行なうことが出来ます。利用者さんの年齢層は50代から90代と幅広く、暖かくゆったりとした小集団の中で相互理解が深まり、人とのつながりが出来、“なごみ”という名の通りとても和やかに良い時間を過ごされています。

~なごみの役割~
・在宅・地域での生活を支える
・心身ともに健康でいるお手伝い
・精神科分野の専門性や各専門職(医師、看護師、作業療法士、臨床心理士、精神保健福
祉士ほか)の知識・技術を生かした関わりを持つ

~なごみで大切にしていること~
・おもてなしの心でお迎えし、なごみ、楽しんでいただく
・人とのつながりを持てたり、生きがいを感じられる場になること

H28年度の目標

  1. 地域の方を大勢受け入れられるよう利用人数の拡大を目指す。
  2. 利用者さん個々のニーズを把握、プログラムの作成・提供をし、定期的な評価をする。

☆ ご利用を希望される方は主治医・当院ケースワーカーにご相談下さい。

スタッフ紹介

img_4539

笑顔のあふれる”なごみ”になるよう
努力しております☆

img_4543
頼れる運転手さん達です

年間行事

誕生日会・お花見・クリスマス会・節分等、利用者さんが季節を感じながら楽しめるような活動を行っています。誕生日会では、スタッフによるかくし芸や舞踊等も披露し、笑いを届けております。また、不定期ではありますが、地域のボランティアの方々による発表も行なって頂いております。

作品・活動紹介

s_012
↑なごみの庭園です

s_001
↑大勢でカレンダー作り

s_011
↑送迎には“安心・安全”を心掛けています。

デイケアⅡ「なごみ」の一日

< デイケア紹介へ戻る >