やすらぎセミナー開催しました!

平成30年3月17日(土)に「地域活動支援センターやすらぎ」で

上田市の後援によりセミナーを開催いたしました。

上野が丘公民館で開催され、60名の方にご参加いただきました。

演題は「地域でともに暮らし、働くために」 ~精神科医療の現場から伝えたいこと~

講師として、村田 志保先生 (JA長野厚生連 北アルプス医療センターあづみ病院 副院長)をお招きしました。

%e2%91%a0

 

 

 

 

 

オープニングのハンドベルグループの活動DVDを放映している様子です。

%e2%91%a1

 

 

 

 

 

理事長が座長を務めました。

セミナーは「アンチスティグマ」を目的に2001年より毎年開催され、17回目になります。

%e2%91%a2

%e2%91%a3

%e2%91%a4%e2%91%a5

偏見はどこにでもあり、先ずは理解からとご講演をいただきました。

 

リカバリーとアンチスティグマは車の両輪。

イギリスでは入院後すぐに「地域でどう暮らすか」を考えるそうです。

あづみ病院で行われている「職員のユニフォームのクリーニング」と「栄養科での食器洗浄」の障がい者雇用をご紹介いただきました。

開始にあたっては、病院内にもスティグマがあったそうですが、

ともに働く中で職員の意識が変わったそうです。

皆様からこの活動を続けてと励ましの声を沢山頂きました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

< 一覧に戻る >